レンタル倉庫のセキュリティ|貸し倉庫やレンタル倉庫を有効活用しよう!ネットで簡単に探せる

レンタル倉庫と自社倉庫を比較!セキュリティの重要性も確認

自社倉庫とレンタル倉庫

使い勝手が良い

レンタル倉庫の場合は、月々賃料がかかります。その為、自社倉庫と比べるとコストがかかってしまうでしょう。ですが、レンタル倉庫はセキュリティ面で優れていると言えます。さらに、使い勝手の良さも特徴の一つです。倉庫の大きさなどを選ぶことで、自由な使い方ができます。

コストが掛からない

自社倉庫はレンタル倉庫に比べるとコストがかかりません。ですが、自社で管理することになるので、セキュリティ面での負担は多少大きくなります。また、拡張や縮小を手軽に行なうことができません。コストが掛からないのですが、レンタル倉庫に使い勝手の良さでは劣ってしまいます。

倉庫の管理

レンタル倉庫の場合はセキュリティ設備が充実していると言われています。基本的にどのようなセキュリティ設備が備わっているのか見ておきましょう。セキュリティ設備の重要性が分かるようになります。

レンタル倉庫のセキュリティ

倉庫

セキュリティカード

基本的にレンタル倉庫に出入りする場合、レンタルカードが必要になってきます。入館や退館する場合、このカードがなければ出入りすることができないのです。不審者の侵入を防ぐことができます。また、エレベーターなども、このようなセキュリティカードがなければ利用することができません。レンタル倉庫を利用している会社の社員以外が倉庫に侵入するのは不可能といっても過言ではないでしょう。また、監視カメラも備えられています。何か問題が合った場合、映像を確認することができるのです。監視カメラがあることによって、防犯性は格段に向上します。とても高いセキュリティ性を有していると言えるでしょう。またセキュリティカードを通しただけでは、レンタル倉庫に入館することができないようになっています。暗証番号を入力する必要があるのです。二重のセキュリティ設備のおかげで、安全に利用できるでしょう。社内資料の保管をする場合でも、安心です。

スタッフの巡回

専門のスタッフが、定期的にレンタル倉庫を巡回します。監視カメラのチェックも怠らないでしょう。不審物や不審者がいないか、しっかりと確かめてくれるのです。何か問題があれば、すぐに会社に連絡してくれます。問題が起こっても、素早く対処することができるようになるのです。とても便利なサービスだと言えるでしょう。このようなセキュリティはとても重要なのです。会社の秘密をしっかりと守れます。また、専門の警備保証会社と連携をとっている場合もあるのです。何か緊急事態が発生した場合でも、訓練された専門の警備隊員が駆けつけてくれます。レンタル倉庫に会社の重要書類を保管している場合でも心配はないでしょう。警備保証会社との連携が、強い安心感を生むのです。また、侵入経路として狙われやすい天井のセキュリティも万全です。不審者の侵入を許すことはないでしょう。また、換気などを妨げることもありません。快適な倉庫の利用を実現しているのです。

広告募集中